HOME>記事一覧>木造住宅でも耐震性を強化して強度を高めている

ぬくもりのある家

部屋

地震の多い日本において、鉄筋製の家というのは丈夫であることは事実です。それでもなお、過ごし安さや家そのものにぬくもりを求める人が依然として多いことから、茨城の木の家は根強い人気を誇っています。木で作られた家というのは、やはり温もりがあって家族がのびのびと暮らすことができるという魅力あふれる家であることは事実なのです。床や天井に木材を使うことで、人間の気持ちがやすらぎ、穏やかな暮らしを約束してくれるとあって、気の家の注文住宅は依然として人気を集めているのです。暖かな空間の中で家族が集まる事ができる木の家は、やはり過ごしやすい理想的な家なのであります。

耐震補強を強化し地震に強い家を作る

住宅模型

近年の木造住宅は、耐震性を大幅に見直し、地震に強い家造りに力を入れています。茨城の木の家もその一つであり、最新の耐震技術を積極的に取り入れて、強い地震にも耐えうる丈夫な家を造ることを目指しているのです。

光を通し呼吸をする家

男性

木の家はその構造から、大きな窓を設置することができるのが特徴です。茨城の注文住宅でも、大きな窓を入れてほしいという依頼者からの注文を受けて、光と風を通す大きな窓を取り付けます。木の家はそれ自体が呼吸する家です。

広告募集中